私はまっこBoo

私、”まっこ”という人間の人生模様です

癒しのぶたちゃん

私は「ぶたのグッズ」が大好きだ。

お店で新たな「ぶたちゃんグッズ」を発見すると、興奮する。心臓がバクバクする。

一人であろうと誰かといようが、「ぶたちゃん」を見かけると、

きゃー( ☆∀☆)と、堪らなくなって足を止める。

そして、買おうか今日はやめておこうか、考えながら気の済むまで眺めているのだ。

そんな訳で、家の中には沢山の「ぶたちゃん軍団」がいる。

隊長はもちろん私だが。…なにか?

f:id:makkoanenow:20180713205431j:plain  f:id:makkoanenow:20180713205547j:plain こんなのとか。(群馬ちゃんもいるが)

私の家族は勿論、古い付き合いの人間は私のぶた好きを知っているが、この間、同じ職場の仲間が通りすがりに私に「ぶたちゃんシール」をくれた。

え!?私、言ったっけ?

ぶたちゃんが好きって、言ったっけ?

記憶にないが、嬉しくてヤバかった。

だけど、そこまで浸透してるのが、ちょっと怖かった。

 

こうゆうのって、遺伝・・・ってあり?

なんと!私の母も好きなのだ。ぶたちゃんが。

だから、私は最高にかわゆくて買わずにはいられないぶたちゃんを、大体、自分と母用で、2つ買う。

時には3つだけど。だって、私の娘も、ぶた好きだからだ。私と母ほどではないが。

ずっと前には、娘と孫、3人でショッピングしていたら、孫が「まこちゃんの好きなのあるよ!」と、沢山の置物の中から、可愛いぶたちゃんを発見してくれた。

 f:id:makkoanenow:20180713212815j:plain 見ざる聞かざる言わざるブタちゃんね。

キティちゃんとかふなっしーとかリラくまとか、キャラをコレクションする人は多い。

私はただ、それがぶたちゃんだっただけである。中には、私の微妙な水準に合格しないぶたちゃんもいるのだが・・・。

 

この、様々なぶたちゃんと出会った時の反応は、又は選別は、ある意味、私の人間関係とも似ている様に思うのだ。

f:id:makkoanenow:20180713212408j:plain  f:id:makkoanenow:20180713212618j:plain f:id:makkoanenow:20180713221618j:plain

そもそも、何かのコレクションに走る人間の心理はいくつかある。

 

・競争心から

・寂しさを埋めるため

・虚像を追っている

・価値ある物への依存

・自分にない物を求める

・達成感を得たい etc・・・

男性と女性の心理の違いもあるようだが、男性の収集の方が、お金のかかるケースも多いようだ。(精神的より価値を重視で)

増えても何にもならないから、中途半端な収集はやめようと思うものの、見ると欲しくなるから困ったものだ。

そう、物欲の一種なんだろうが。

そういえば小さい頃に仮面ライダーアイス(何それ?って感じですよね)に付いてた仮面ライダーカードや、プロ野球スナックの選手のカード、ミニチュアサボテン、箱に入ってるミニチュアシリーズ(ラムネ入り)→今も持ってます

私は集めるのが好きだった。そして捨てれない。

この断捨離ブームの中で、捨てるどころか増え続けている!やばい。

f:id:makkoanenow:20180713220955j:plain これは2011年の震災時、私を癒してくれた”絆ブタ”

 

昔、何の少女雑誌だったか、ぶたを主人公とする漫画があって、はがきに応援するイラストを描いて送ったら、雑誌に掲載された。

まあ、何が言いたいのかというと、ぶたちゃんは古今東西、私を癒し続けてくれたのだ。どんなに苦しい時も。

 

のぶたちゃん収集が、私の心の均等を保っていると言っても過言ではない。

 

くだらない話題ですみません(^_^;)