私はまっこBoo

私、”まっこ”という人間の人生模様です

セリーヌディオンありがとう。

 6月26日(火)東京ドーム、セリーヌディオンの公演に行って来た。

前回は(2年前だったか?)セリーヌの旦那様の看病に専念するとの理由から、楽しみにしていた日本公演はキャンセルになったので、今回はトラウマもあり、当日まで本当に彼女の歌を聴く事ができるか不安いっぱいだった。

前回キャンセルになったショックは、しばらくの間、引きずったから。

 

だけど実は私、セリーヌの事は大して詳しくもないし、大ファンでもない。

が、同年代の一人の女性として、彼女の生き様に興味があったし、代表作のひとつでもある「To Lave You More」を直に聴きたかったのだ。

この曲は、私の人生の中で思い入れTOP5に入るのだ。

期待通り、唄ってくれた。鳥肌が立った。

彼女の声量・独特の歌いまわしは、圧巻だ。

さすが歌姫。これぞ歌姫。姫と呼ぶには、彼女ももう50才だが・・・

あのスタミナ、声量、50才であれは、超人だ。私には真似できない!(当たり前である)

ラストソングにタイタニックのテーマ「My heart wil go  on」を更にパワーアップして唄い、最高の夜を閉めくくってくれたが、もう同じ人間とは思えない。

 

 

セリーヌを見るのは今回が最初で最後だったかもしれないが、これからの彼女の生き方は、注目して行きたい。

 

彼女の歌は、もはや歌の域を超えている。メロディーがついていなかったら、演説か、性を持った動物の雄叫びの様である。

彼女の表情を見ていると、憂いをまず感じる。そして、憂いと闘う強い眼差しが、私の心に突き刺さった。

最愛のパートナー”レネ”を亡くし、まだ二年である。私もついつい、彼女をそう云う目で見てしまうが、セリーヌが唄っている時に感じる不思議な空間は、愛する夫レネがいるからだ。

セリーヌが12才で出逢った、のちの夫であり、マネージャーでもあったレネ・アンジェリル・・・

数年のガン闘病の末2016年に亡くなったが、知る人ぞ知る二人の愛の秘話は、女性の生き方に影響を与えていると思う。

 

front-row.jp

 

セリーヌの一途な愛。ただ、好きとか嫌いとか、条件云々のレベルではない。

沢山の中から自分を見つけてくれた、全てを賭けて一流に育ててくれた彼と、男と女を通り越した運命共同体となったのだ。

羨ましいと思う。

セリーヌのその人間性が何によって形成されたのか、もっと知りたいと思った。

人は、こうやって、何かに興味を持っていくものなんだろう。

彼女は、これまで何人もの身近な、大切な人を失っている。

愛する姪っ子、レネの二日後に亡くなった兄、本来は生まれて来ただろう、我が子・・・

セリーヌは本当に心の底から人の”死”を受け止め、現実を受け入れる事の出来る人だと思う。

ふつう本当に大切な人を亡くしたら、後を追って死にたいと思ったり、心の病にかかったり、現実逃避をして、自暴自棄になったりするだろう。

 

私がセリーヌ・ディオンという女性に興味があったのは、そこである。

最愛の人たちの死と正面から向き合い、彼らを背負って生きている彼女の歌、表情には、まるで戦場にでもいるかの様な、

「覚悟」を感じる。けしてぶれない覚悟だ。

私の人生に欠けている物だ。だから彼女の事が気になっていたのだ。

人は、映像越しでは分からない、同じ空間で会ってこそ感じ取れるモノがある。

行って良かった。

雲の上の存在なのに、同じ人間、女性、そして子を持つ母、大切な人を亡くした者として何故か身近に感じた。

そして歌によって「生きる覚悟」を魅せてくれた。

ありがとう!セリーヌ・ディオン