私はまっこBoo

私、”まっこ”という人間の人生模様です

名前を変える?人生を変える。

先日、ある年配の男性に、苗字も名前も変えたいが、どうしたら良いか?と、聞かれた。名前を聞けば、特に気になる名前ではない。

いわゆる珍名でもなく、有名な犯罪者と同じ・・・と云う訳でもない。

理由を聞くと、知り合いに「そんな名前だから、お前はろくでもない事ばかり起きるんだよ!」と言われ、自分でもそうかもしれない・・・と思ったのだそうだ。

私はつい笑ってしまったが、その人の顔を見ると、表情は穏やかだが、目は至って真剣だった。

たまたま話しかけられた年配の男性なので、それ以上の詳細は聞かなかったが、簡単に、こんな方法もあるし、〇〇に行けば、更に詳しいアドバイスを貰えますよ?と、教えてあげたら、男性は早速明日行ってみると、真剣だった。

あの年配の男性は、私の感覚では、75才前後である。

どんな知人に言われたのかは知らないが、あの年でフルネームを変えるなど、よほど不運続きだったに違いない。が、あの方の周りの身内は、それを知った瞬間、開いた口が塞がらないだろう。

 

だが、名前を変えたいと思った人は沢山いるだろうし、実際に、私がカウンセラー時代、下の名前を突然変えた会員様がいてびっくりした経験もある。

私は子供の頃に、友達の名前が素敵に思えて、何で親はこんなありきたりの名前をつけたんだろう!と、空想の中でカッコいい名前の私というキャラを作って遊んでいた。怖っ(;゚Д゚)

しかも、私の名前、神社のくじ引きで決めたと云うから、余計に悲しかった。

苗字はいろいろあって、いろいろ変わったから、逆に、大人になってからは名前に拘りはなくなったが。

 

だが、正当な理由さえあれば名前は変えられる。(家庭裁判所です)

苗字の方は更に面倒ではあるが、全く出来ない訳でもない。

明らかに名前が原因で、生きて行く上で不都合があり、変えられた事で解決するなら、

それもありだろう。

だけど、縁あって、この名を与えられたのだ。(苗字はまた別問題として)

名前のせいだけで不運と決めつけるのはどうか?と思うが。

そういえば、読み方を変えるのには特に面倒な許可は必要ないらしいから、手っ取り早く、読み方を変えて様子をみるのもありかもしれない。

 

それを言ったら、人間、名前、外見、性別、運気etc・・現代においては、変えられないモノなどないのではないだろうか?

知らない内に、知り合いが違う人間になっている可能性もあるかもしれない!

韓国では、履歴書の写真を修整するのが当たり前だと聞く。

タイでは、数人に一人がニューハーフという程、社会の中でも普通に男女の区別なく働いている。

日本は、真面目を美徳と考える古き考えが根強いから、それに苦しむ若者が増えているのかもしれない。

”真面目”を見える範囲でしか捉えない人が多いのだ。

 

私は50才を過ぎたが、まだ違う人生はないものかと、探し続けている。

安定を得て満足するタイプの人間からすれば、私の様な人間は理解しがたいだろうが、性格だから仕方ない。

だから、友人、知人も、人数こそ多くないが、年々似たようなタイプにまとまってきた。

学生時代からの腐れ縁?の友人とは、最近少しずつ距離感、会う度に会話でストレスを感じ、連絡をお互いに取らなくなっている。腐れ縁は、切った方がよいのか、腐ったまま、放っておいた方が良いか、迷うトコである。

 

本屋に行くと、「人付き合いが上手くなる!」「読めば人生変わる!」「話方が上手になる!」読めば如何にも変われそうな本が山ほど置いてある。読まないよりは、読んだ方が参考にはなるだろうし、私も昔はよく読んだ。

でも、読めば読むほど結論が分からなくなり、もっと自分に合った本を探す為に、また違った角度の本を買う・・・の繰り返しで、結局何も変わらないのに、本代だけ加算していったのである。

多くの心理学者の考え、紐づけが違うように、著者によって考え、解釈、学んだ方向性が違うから、余計、迷いが増すだけだ。けしてそういった類の本を否定している訳ではなく、何冊か読んだ所で、あまり意味がないと思うだけだ。

何か得たいなら、相当の数の本を読まないと見えてこないはずだ。

 

若い頃の私は、性格も名前も、顔も声も嫌いだった。自分が友人よりも出来損ないに感じていた。

だけど、今は違う。このままの自分と死ぬまで闘って行く覚悟を決めた。

50の私を、出来る所まで育てて行こうと決めたのだ。

だから、なんでもチャレンジする事にしたのだ。無理ない程度に。

 

よく、常に怒っている人がいる。眉間にしわをよせて。あれは、自分に対する苛立ちがそうさせているのだと思う。自分と向き合ってこなかったタイプだ。周りにも、ちゃんと言ってくれる人がいなかった、可哀そうな人である。

前回の話の様に、もし100才まで元気で生きていたら、笑っていたいか、嘆いていたいか?である。

自分は世界に一人だけの珍獣だ。いじってはいけない。

自分が自身と向き合って、人生を変えていくのだ。(偉そうな文章だ(^^;) 

f:id:makkoanenow:20180617153932g:plain