私はまっこBoo

私、”まっこ”という人間の人生模様です

価値観の違い?

昨年春ごろ、今の主人に、来年は海外旅行に行こう!と言われ、お互いに案を出すことになった。

私の希望で今まではアジア圏内が多かったが、主人は昔、仕事でアメリカに住んでいた事があるので、ずっとアメリカ、アメリカ・・・と念仏を唱えていた。

私は歴史的な物を感じられる所に行きたい。特に、建造物なんかが好きである。

お金と時間さえあればどこへでも行きたいが、今は長期の休みが中々取れないので、とりあえず、アジア圏内に抑えていた、だけである。

だが、今回は多少お金がかかっても良いという、神の声が聞こえたので、(主人の)

私は、中学の頃から行きたかった、フランスを調べ始めた。

ベルサイユ宮殿、モンサンミッシェルは必須である。逆に、この二か所に行けないのなら、フランスは私には意味がないのだ。

そして、7日間くらいの、両方行けるツアーを発見した。あるいは、オプションで追加すれば行けるツアーは結構あった。

当然、私の頭の中は、完全にフランスである。ベルサイユである。

 

主人に話すと意外と反応も良く、フランスで決まったかの様に思ったが、シンガポールも良くないか?トルコ?いや、アメリカも捨てがたい・・・

もう少し探そう!と言うのだ。こらこら、秘境にでも行くつもりか?!

いつまで何を探すんだ!

私はもうフランス気分なので、それ以上探すはずもなく、しばらく海外旅行の話は出なくなった。

秋になり、どうする?と、持ち掛けられ、当然、私はフランスを熱く語った。

しかし、主人の頭の中は、私の希望を優先するかの様に見えて、実はアメリカ、アメリカ・・・だったのである。

討論が始まった。

主人は、先進国に行かなきゃ時代に乗り遅れるとか、アメリカ見たら価値観変わるぞ~とか、ただの個人的主観を押し付けているだけである。

アメリカから日本に帰って来ると、やる気がなくなるらしいのだ。

だったら、尚更、アメリカなんかに行ってはダメだ!

私は、旅行により、その国ならではを発見し、その中で、貧しくても現実を受け入れて、一生懸命に生きている人たちを見ると、恵まれた日本で、何を甘えているんだろう・・・何だって出来るじゃん!と、勇気が湧いてくるのだ。

 

たとえ、足つぼマッサージでぼったくられそうになろうが、土産店でしつこく買わされそうになろうが、みんな、生きているのである。生活する為に。家族のために。

また日本では見られない世界遺産などを見ると、小さな事でクヨクヨするのが恥ずかしくなるのだ。

 

そもそも、行く前から、その国に対する想いが違うと、いざ一緒に行っても楽しめない。

頑固な私は、自分から海外旅行の話はしなくなった。

そして今年に入り、とにかく旅行に行きたい主人は、国内にしようかと言ってきた。

日本でも行った事のないトコ、いっぱいあるよね~と、私は、広島を提案した。

が、ある日、主人は勝手に京都に決め、新幹線とホテルを予約したのだ。

こらこら、確かに京都は何回行っても良いトコですよ?

でも、旅行・・・と言うか、週末休みでも行けるよね?

私の気持ちは、フランスと京都の距離ほどに、主人との距離感を感じたのである。

 

話は変わるが、電化製品を選ぶのにも、夫婦の価値観は違う。

そう、食事の価値観の違いで別れた人も多い事でしょう。

価値観は、ある程度は合わせられても直す事は出来ないからね。

だって、その人の生まれて育ってきた環境や、親が大きく影響しているから。

生き方で価値観が変わる事もあるだろうけど、根本的な物は中々変わるものではない。

合わないからと否定すれば、相手の親、故郷までも否定する事になる。

たとえ主人の麺類の食べ方が気に入らなくとも、言わない方が良いのだ。

逆に、相手もなるほど・・・そういう捉え方もあるんだね~なんて、言ってくれれば何の問題もないのだが、おおかた、近い人間ほど頑なに主張しがちだ。

 

だから、近い人間と価値観が合わない時ほどストレスに感じるものはない。

きっと、自分が犬、相手は猫だと思えばいいのだ。