私はまっこBoo

私、”まっこ”という人間の人生模様です

人間大好き☆

人間って、面白いよね。

また、人によって、価値観もいろいろだよね。

物事の捉え方、考え方、方向性、何をするにも価値観でその人の動きは変わってくるのだと私は思う。

だから、他の方の価値観を否定してはいけない。否定するからケンカになるのだ。

私は若い頃は頑固で、(今もだろ!って言われそうだな)自分が正しいと思った事は、貫いた。

相手が怖い母親だろうが、大声で威嚇する強面の男性であろうが、会社の上司であろうが、「それは間違っている!」と思った時は、とにかく歯向かった。

そのせいか、損する事も多かった。

誰だって、しつこい理屈は聞きたくないし、他人の価値観を押し付けられたら、まるで自分の価値観が間違っていると否定されてる様に感じ、気分が悪い事だろう。

 

私は基本的に、”人”が好きである。人間観察が好きである。

人は見ていると、本当に面白い。

それはきっと、自分にないモノを魅せてくれるからだろう・・・と、思う。

外見であったり、言動であったり、自分とは違う世界を見せてくれる。

そう考える様になってから、苦手な人、嫌いな人は、ほとんどこの世からいなくなった。(注:ゼロではない(^-^;)

苦手と云うのは肌や直感で感じる物だし、生理的に受け付けないとか?ある程度致し方ないが、安易に他人を嫌いになったりしてはいけない。

他人を嫌いになった分、自分も嫌われるのだ。負の連鎖である。

苦手だと感じる人に自ら心を開いてみると、そこには、学ぶべき事が意外にも沢山あるのだ。自分の世界が広がるのだ。

本当に誰かを嫌いになる時は、その人から人生を狂わすほどの心身の傷を負わされた時だ。

人は話をしたり行動する時、何らかの意味合いがあってそうしている。

例えば、知らない人が突然、道を教えて欲しいと、話しかけて来たとする。

なぜ、私なのか?

遅いランチに行き、席が沢山空いてる中で、なぜ、私の隣に座る?

良くある事だと思うが、私はそんな事さえ笑えるのだ。

そして、この同じ時間、同じ場所で、この隣の人は、何をしているのか?気になって仕方ない。地球に沢山の人がいる中で、私とその人は、何らかの縁で結ばれているのだろうか?と、そこまで発展するのだ。

 

もしかすると、今の私は、自分以外の人間を理解しようとしているのかもしれない。

長い人生、騙されたり、いじめられたり、足を引っ張られたり、沢山傷ついてきた。

強く生きて行くには、昔の私は、頑固にならざるを得なかったのだ。

子供の頃は、転校ばかりしていたせいか、消極的で、恥ずかしがり屋だった。

だけど、自分の中に眠る、目立ちたい、何かを形に残したい!という思いが生きて行く中で少しづつ表面に出始め、自分の進化は、他人によっておこると気づいた時には、人と接する仕事ばかりを選んでいた。

人間大好き♡の、始まりである。

 

だけど、不思議なことに、身近な家族にほど、価値観を否定したくなるものだ。

旅行先を選ぶ時、人との付き合い方、食事への価値観・・・

近い人間だと自分にも影響があるからだろう。

 

その話の続きはまた次回・・・(-ω-)/