私はまっこBoo

私、”まっこ”という人間の人生模様です

不思議な力?~その2~

私の魔訶不思議な力は、時として、予知能力をも発揮する。

そんな事を言うと、この人ヤバい?妄想人間?なんて思われそうだが、事実である。

勘は、まあ、鋭い方かな。

私が予知能力を発揮した全盛期は10年以上前だろうか。

私に、とても耐えがたい、辛く悲しい出来事が起きたのだ。死にたいと思ったのは、後にも先にも、その時だけだ。

何日も何日も、部屋の隅にしゃがみ込み、何か食べていたのか、寝てはいたのか、今では記憶が全くない。

仕事も直前に辞めていた。

だけど私には、高校生と中学生の子供がいた。(旦那はいない)

少しづつだが正気を取り戻したころ、収入源のない事実にハッとした。

 

そして、気づいた時に私が居たのが、近くのパチンコ屋である。

そして恥ずかしい事に、周りの人が振り返るほどのドル箱を重ねているのだ。

心臓バクバクである。だが、その時の私は、無表情だったに違いない。

その日から、時々行くようになった。

パチンコをしていると、何も考えないでいられたからだ。

現実逃避である。

悲しい出来事を忘れさせてくれる、様な気がした。

ほぼ無意識に行き、コーヒーだけを飲みながら、子供が帰って来る夕方までそこに居た。パチンコ台を見ているのに、目がうるうるする事もあった。

 

話の核心に戻ると、私の予知能力が一番発揮されたのが、そのパチンコである。

なんと、夢の中で数字が出てくるのだ。何回目かの時に、その数字がパチンコの台の番号だと気づいたが、さすがに毎日出てくるわけではなく、出た時にその番号の台を探し、誰かが座っていれば空くまで待ち・・・そして大勝するのだ。

不思議な力なのか、何者かが助けてくれたのか・・・そのお陰で私は、次の仕事が見つかるまで、余裕の生活が出来たのだ。

思い出すと、それよりも前に初めてナンバーズの宝くじを1000円分買って6万円

当たった時も、夢に4桁の数字が表れたから買ったのだ。

 

しかし、人間、お金が絡むと欲が出るのか、パチンコに於ける私の予知能力は年々薄れ、数字は表れなくなった。

持ち前の勘の良さなのか、10万、20万・・と、その後も勝つことはあったが、負ける事も増え、自分の中で嫌気が刺して、段々足が遠のいていった。

 

こんな予知もあった。若い頃は、車に乗るとスピードを出しまくっていたが、運転していてもしていなくても、突然、匂うのだ。白バイや覆パトの匂いである。

その力で、かなりの難を逃れている。

が、3年前くらいかな?11キロオーバーで人生初のスピード違反を私はくらった。

11キロ?である。(違反は違反ですけどね(-""-)

あ~私の運も尽きたなぁ・・・って思ったよ。

 

が、私は勘が鋭い。この宝を上手く扱えれば良いのだが・・・(;^ω^)